--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://dasmarchen.blog133.fc2.com/tb.php/152-ff93317d

1月の本

カテゴリ:読む

02/01

今月はぐっと読書量が減りましたなあ・・。
蔵書確認中の本まで入ってますけど・・・。

1月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4397ページ

一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)
読了日:01月31日 著者:佐藤 多佳子
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)
読了日:01月31日 著者:佐藤 多佳子
西の魔女が死んだ西の魔女が死んだ
読了日:01月21日 著者:梨木 香歩
アリーテ姫の冒険アリーテ姫の冒険
読了日:01月20日 著者:ダイアナ コールス
ひとりでは生きられないのも芸のうちひとりでは生きられないのも芸のうち
読了日:01月20日 著者:内田 樹
東京奇譚集 (新潮文庫)東京奇譚集 (新潮文庫)
なんというか、この現実の中の異空間。いや現実の中に偶然が起こるのではなくすべては偶然の積み重ねでたまたまほとんど見えていないだけ?この人短編でも会話におうむ返しが多いのですね。「品川猿」。会話のやりとりに引き込まれてしまった。硬質?浮遊感?クリスタル越しの視界?それでいて明快。それから色々考えても難しい「アイデンティティ」の事に触れているのかな。これ舞台とかラジオ劇でやってほしいなあ。カウンセラーに戸田恵子、その夫に小林薫。みずきに檀れいあたり?なんて・・・。「猿」が難しい!でも猿が出てきてしゃべっても違和感なかったよ~
読了日:01月13日 著者:村上 春樹
夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか (新潮文庫)夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか (新潮文庫)
自分で選択した割には“厳しい”内容だったらどうしよう、と途中までハラハラしながら読んだ。結構痛いところを指摘されつつも楽しく読めるのは著者の性を超えた人間に対する温かいまなざしと、“感性”というものをj熟慮し大切にしてきた故であろう。学究的なものにありがちな断定して分析してあとは放りっぱなしにされるって感じではない。脳の話は枝葉で根幹は感性なのだ。息子さんステキ!予想外に面白かった。ファイトっ!
読了日:01月08日 著者:黒川 伊保子
キッチンでできる草木染め―身近な素材でわかりやすい染め方 (レディブティックシリーズ (1563))キッチンでできる草木染め―身近な素材でわかりやすい染め方 (レディブティックシリーズ (1563))
読了日:01月07日 著者:母袋 信恵
おそい・はやい・ひくい・たかい NO.54おそい・はやい・ひくい・たかい NO.54
読了日:01月07日 著者:
風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
今年も箱根、メークドラマありました。娘が陸上部。陸上部には実際“走”みたいな子いっぱいいるよ~。そうでないとあんな過酷なそして素晴らしい走りはできない。メイクドラマ!
読了日:01月06日 著者:三浦 しをん
クロワッサン 2011年 1/10号 [雑誌]クロワッサン 2011年 1/10号 [雑誌]
バーキンの文章が読みたかったのだ~
読了日:01月05日 著者:
音のない記憶  ろうあの写真家 井上孝治 (角川ソフィア文庫)音のない記憶 ろうあの写真家 井上孝治 (角川ソフィア文庫)
完璧な人間はいない。誰かが誰かの何かが足りていない、とか指摘するのはナンセンス。ただ当事者が不便や不都合を感じるか。ことの大小は当人しかわからない。障がいを特別視することはないのだと思っていても人間は自身でより高みに臨もうとする。それは苦しみを感じて生きてきた人はなおいっそうであろう。ただただこの人の写真が好きだ!しっかり聞いて・見て・話して・味わって・・でないと生きた意味がないじゃん!
読了日:01月05日 著者:黒岩 比佐子
イメージを読む―美術史入門 (ちくまプリマーブックス)イメージを読む―美術史入門 (ちくまプリマーブックス)
読了日:01月04日 著者:若桑 みどり
ドイツ おもちゃの国の物語ドイツ おもちゃの国の物語
読了日:01月04日 著者:川西 芙沙
白バラは散らず 改訳版―ドイツの良心ショル兄妹白バラは散らず 改訳版―ドイツの良心ショル兄妹
読了日:01月04日 著者:インゲ・ショル
戦争と罪責戦争と罪責
読了日:01月04日 著者:野田 正彰
させられる教育―思考途絶する教師たちさせられる教育―思考途絶する教師たち
読了日:01月04日 著者:野田 正彰
戦争責任 (岩波現代文庫―社会)戦争責任 (岩波現代文庫―社会)
読了日:01月04日 著者:家永 三郎

読書メーター
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://dasmarchen.blog133.fc2.com/tb.php/152-ff93317d

プロフィール

メールフォーム

カテゴリ

読みました

読んでます

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カレンダー

天気予報

FC2アフィリエイト

リンク

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。